ペルシャ・イラン
一神教の誕生-ユダヤ教からキリスト教へ
一神教の誕生 ユダヤ教からキリスト教へ

加藤 隆『一神教の誕生 ユダヤ教からキリスト教へ』(講談社現代新書)2002年、講談社

続きを読む
日本
シルクロード01
女たちのシルクロード-美の東西交流史-

弓場 紀知編、平凡社、2010年

続きを読む
ペルシャ・イラン
カアバ神殿
都市の文明イスラーム イスラームの世界史(1)

佐藤次高 鈴木薫 編、講談社、1993年 卒論指導でお薦め。長谷部先生も書いている。

続きを読む
ペルシャ・イラン
ウード
アラブの風と音楽

若林忠宏、ヤマハミュージックメディア、2003年。 アラブ楽器のミュージシャンが書いた本。 興味深い。く調べているが研究書ではない。 旋法などについて詳しい。

続きを読む
ペルシャ・イラン
本棚
民衆のイスラーム-スーフィー・聖者・精霊の世界-

赤堀雅幸編、山川出版社、2008年。現在の一般市民のイスラーム信仰の形。

続きを読む
中国
シルクロード01
シルクロードの宗教-古代から15世紀までの通商と文化交流-

R.C.フォルツ、常塚聴訳、教文館、2003年。

続きを読む
ペルシャ・イラン
カスピ海
カスピ海沿岸の二つのサイイド政権の成立--西暦14,15世紀のイラン社会と民俗イスラム

後藤 裕加子、史学雑誌、108編:9号 (中央図書館で閲覧)

続きを読む
ペルシャ・イラン
本棚
イスラーム文化-その根柢にあるもの

井筒 俊彦、1991年、岩波書店

続きを読む
中央ユーラシア
本棚
アッバース朝までのイスラム史

アブー・ジャアファル・ムハンマド・イブン・ジャリール・アル=タバリーのこと。 9~10世紀に活躍したアッバース朝時代はもとよりイスラム史を代表する歴史家、ウラマー。 天地創造の時代からムハンマドの登場、正統カリフの時代か […]

続きを読む
東西交渉史
本棚
史料になりそうな書物

旅行記や歴史書を中心に。 ニザーム・アルムルク『統治の書』ナースィル・ホスロウ『旅行記』玄奘『大唐西域記』ラシード・アッディーン『諸史の集成』(オリジナルはペルシャ語)

続きを読む