アーカイブ

なぜ布を織るのか、糸を紡ぐのか?

 マリアの懐胎は ペルセポネの場合と似ていた。三相のうちの処女の相をとる ペルセポネが聖なる洞穴の中で腰をおろして、大いなる宇宙の綴れ織りを織り始めると、そこへ男根を象徴する蛇に変身した ゼウスが現れ、救世主 ディオニュソスをみごもらせた [註3]。マリアも神殿で腰をおろし、運命の綴れ織りに織り込まれると「生命」を表すことになる、血のように赤い糸を紡ぎ始めると、天使ガブリエルが「彼女に入ってきた」came in unto her(『ルカによる福音書』第1章 28節)。この句は性交を表す聖書語法である。ガブリエルという名は文字通りには「天の夫」を意味する [註4]。

続きを読む

投稿日: 2009年9月24日 カテゴリー: メモ

機織りと祭祀

天照大神のエピソードでも出てくるし、機織りと祭祀の関係についても考えてみよう。以下参考になりそうなネタ。
『允恭紀』衣通郎姫(そとほしのいらつめ)
『荊楚歳時記』
雄略紀十四年三月条の、呉から渡来した衣縫兄媛の大三輪神への奉献
たつ穴 宮城県気仙沼市細尾国有林33林班に小班
機織り譚(はたおりたん)異類婚姻譚
機織りの職能集団

アッバース朝までのイスラム史

アブー・ジャアファル・ムハンマド・イブン・ジャリール・アル=タバリーのこと。

9~10世紀に活躍したアッバース朝時代はもとよりイスラム史を代表する歴史家、ウラマー。

天地創造の時代からムハンマドの登場、正統カリフの時代からアッバース朝下の913年までの各地の歴史を網羅した『諸使徒と諸王の歴史(Ta’tikh
al-Rusul wa al-Muluk)』の著者として特に有名。

700年代前半のウマイヤ朝から派遣されたホラーサーン総督クタイバ・イブン・ムスリムによるソグド地方征服についても記載がある。

日本語で読めるこのソグド征服関連の文献はタバリーと時代の近いバラーズリーの『諸国征服誌』が

あるけど、ここではソグドやサマルカンドの王は「マリク」としか書かれてなかったか・・ 

academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1024922125/l50

ジョングルール

ジョングルール (仏 jongleur)はフランス語で大道芸人のことで、ラテン語で「道化者」を意味するジョクラトル joculator に起源。8世紀頃最初に記録に現れ13世紀頃姿を消す。