大英博物館展 -100のモノが語る世界の歴史

神戸市立博物館

人類誕生から現代までの歴史を大きく8つに分け、100のモノから読み解く。

「第一章 創造の芽生え」がよかった。

モノづくりと言語は脳の使う部分がほぼ同じである。
言語による記憶でモノを作る手順を覚えることができ、何度でも同じモノが作れる(同じことができる)

2015年度 三田史学会

中世イスラーム期における都市ハランの宗教
―イブン・アン・ナディームの『目録の書』を中心に―
慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程 江原 聡子

紀元後70年以降の地中海世界におけるシナゴーグの性格 ―建築関連碑文の分析をもとに―
慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程 藤澤 綾乃

イマーム・レザーの死後の奇蹟譚をめぐって ―サファヴィー朝後期の一ペルシア語写本を中心に―
早稲田大学イスラーム地域研究機構 杉山隆一

ザンギー朝ヌール・アッディーン政権のアミールたち
東洋文庫 柳谷あゆみ

インポート

旧サーバにあったアーカイブ、MTのメジャーバージョンが古いので無理かと思ったけどインポートできました!
データの整合性に若干問題はあるものの、すべての記事が読めるのでまぁ良しとします。

本棚を再開します

しばらくお休みしていましたが、本棚を再開します。
記事に対するコメントは入力できません。